投資でマネーをゲット

コイン 今は超低金利なので、銀行にお金を預けていてもほとんどお金は増えません。

いや、それどころか、銀行にお金預けると出金の時にATM手数料が掛かってしまい、利殖という意味では銀行に預けない方がマシなぐらいです。 かといって自宅に大金を置いておくわけにもいきません。

当サイトでは、銀行を含めて少しでも有利に投資できる利回りの良い金融商品を紹介しています。

安全性を重視するなら

元本が保証されている、あるいは原資割れしない投資商品はノーリスクな分、リターンもそれほど期待することはできません。 ですが、将来、マイホームの資金にするなどお金の使い道を既に決めていて、お金を貯めている過程であるなら安全重視の運用をするべきです。

安全重視と言えば、銀行の定期預金があります。 銀行に預けた貯金1千万円とその金利分までは預金保険機構のペイオフ制度により補償をされています。 なので1つの銀行に預けるお金を1千万円以下にすれば、100%安全であると言えます。

また、証券会社には公社債で預かったお金を運用する投資信託のMMF(マネー・マネジメント・ファンド)やMRF(マネー・リザーブ・ファンド)という金融商品があります。 MMF、MRF共に元本保証はされていないのですが、安全な公社債で運用をされているため元本割れすることはまずありえません。

その他の安全な金融商品としては国債があります。国債は自分のお金を国に貸すことになります。 要は債務者は日本政府だという事です。 日本政府が無くなるということは限りなく0%に近いと思いますので、国債も元本保証がされていると考えて差し支えないでしょう。

ハイリターンを狙うなら

直近で使途が明確になっていない余剰資金があるなら、ハイリターンを狙った運用をするのも良いでしょう。 収益が良い金融商品は一般的にハイリスクという一面もあるので、高い運用利回りを期待するなら必ず余剰資金で投資をする必要があります。 ハイリターン商品は元本保証がされていないので、投資に失敗した場合には元本割れをする可能性があるからです。

ハイリターン商品としては、自分自身で運用をするFXと株式、そしてプロに運用を任せる株式ファンドなどがあります。 ここ数年は、為替変動が大きい事と1万円程度の少額資金から始めることが出来ることからFXが人気です。

その他の金融商品

今はデフレなので、あまり人気はありませんがインフレの時は物に投資をするのも有効です。 物に投資をすれば、物価上昇があった場合、自分が購入した物の値段も上昇をするからです。 具体的には、アパートやマンション、土地などの不動産です。

また、有事の際には金の価格が跳ね上がるので、安い時に金地金を購入しておくのも良い投資方法です。

利殖をするための金融商品には様々なものがありますが、自分の余剰資金から投資できる額を決定し、その範囲内で利用できる金融商品をまずリストアップしてみると良いでしょう。

個人的には、FXや株式はよっぽど資金に余裕のある方以外はお勧めできません。 FXや株式はプロのトレーダーが参入してくる市場です。 プロは素人とは情報量もスピードも違います。 だから、素人が勝つのは中々難しいでしょう。

もし市場に参加をするならデイトレードやスイングトレードではなく年単位の長期投資をすると良いでしょう。 株式は物価の上昇に伴って株価も上昇する傾向があります。インフレが長引くようなら株を購入して長期保有するというのは悪くない選択だと思います。

FXの場合も円安あるいは円高がトレンドとして長期に渡り続くようなら保有をしても良いでしょう。 FXあるいは株式に参入するための条件の一つは、読みが外れたらすぐに損切をすることができる事だと思います。 損切りできない方は、大きな損失を出してしまう可能性があるので最初から手を出さない方が良いでしょう。

資金調達

自己資金が無い方は、お金を銀行などで調達をする必要があります。 でもFXの様なすぐにマーケットが変化してしまうような取引の場合は、銀行に資金調達のために融資を申し込んでもお金を受け取る時には相場が終わっているでしょう。 そうならないためには、急な融資申し込みにも応えてくれる様な金融機関を選ぶ必要があります。

最も簡単な方法は、多少金利は高いですが、クレジットカードに付随しているキャッシング機能を利用してATMなどでキャッシング申込みをすることです。 この方法なら、すぐに資金調達をすることができますので、相場で見つけたチャンスに対して迅速に投資をすることができます。

また、あらかじめ借入れ専用のキャッシングカードを作っておくのも良いでしょう。 キャッシングカードは消費者金融が発行をしますが、基本的には無料で作成をしてくれます。 ですから、急に資金調達をする必要がある場合に対応できるように1枚ぐらいカードを作っておくと良いです。 キャッシングカードはほとんどの場合、コンビニATMを利用することができます。 最近は、どこのコンビニでもATMを設置しているし、よほどの田舎でない限りは住まいの近くにコンビニはありますよね。 カードを作って、消費者金融会社の顧客会員となっても年会費などは不要です。 つまり、カードを作って持っているだけなら一切お金は掛からないという事です。 ですから、維持費は掛からないのでキャッシングカードは持っていた方がいざという時に心強いです。

ネットの手続きだけでお金を借りる事ができる

私は某IT会社の経営幹部です。 家庭の事情でどうしても借金をする必要があったので、お金を借りることにしました。 自分の会社での立場を考えると、お金を借りているという事を会社の人に知られるわけには行きません。 借金をしているというという事がもし会社にバレたら、幹部から外される可能性が高いからです。 「自分の金銭管理ができないのに会社経営に参加するとはなにごとか」という事になりそうだからです。

そのため、お金を借りる貸金業者はプライバシーを確実に守ってくれるかを念入りに借入前に調べました。 調べたのは、メガバンクと自分が住んでいる地域の地方銀行と信用金庫などです。 調べた結果は、今は個人情報保護法と言う法律があるため、どの金融機関でもプライバシーの管理は厳格に行っているという事が分かりました。 ですから、金融機関からお金を借りるとしても会社にバレることは無いはずです。

だだし、お金を借りると在籍確認が行われます。 申告通りの勤め先で働いているかを確認するための電話です。 在籍確認は、金融機関の名称を出さずに個人名で電話を掛けるという話だったのですが、最も会社の同じ職場の人にばれ易いので、それが一番の気がかりでした。 実際に、私がお金を借りる申し込みをした際には、伊藤という個人名で在籍確認があったので、会社で最初に電話を受け取った人は、私の知人だと思った様です。 そのため、会社の人にばれたり、不信感を持たれることはありませんでした。

申し込みは自宅でネット経由で行いました。 実は、後から知ったのですが、某大手キャッシング会社はWEB完結というサービスを行っていて、お金を借りるまでの間、すべてネットだけで手続きが出来るそうです。 在籍確認もないという事なので、まったく周囲の人にバレる心配なくお金を借りることができます。 [追記]

プロミス詳細情報
借入前に国内最大手のキャッシング会社であるプロミスの各種情報を確認することができます。